コンテナハウスによる土地活用~コンテナボックス事業ってどう?

多くの人が集まる都心ではなかなか見かけませんが、ロードサイドでコンテナが積みあがっているのをみた事ありませんか?空いている土地にコンテナを設置してレンタル事業をする事で土地の有効活用をしているんですね。

そもそもは、家の中に収納すれば良いのですが、なかなか捨てれない物もあり、コンテナをレンタルすることで捨てずに残す選択ができるので使いたいと考える方いますよね。私も物が多く捨てられないので利用したいと考えていたりしますが、近くに無いので利用できていない状態です。同じように使いたい方は多いのではと思います。

コンテナを利用した土地活用ですが、実は色んな方法があるので一部紹介します。

コンテナを利用した土地活用って実際にはどんな感じなの?

・バイクコンテナ
・収納スペースとして利用

バイクコンテナ

車もそうですが、違法駐車の取締りが強化された事でバイクを駐車できるスペースを探している方も増えています。ニュースやバイクに乗っている友人などからもバイクの部品を盗まれた話しを何度か聞いた事があるので、以外と多くの方がこのような状況にあるのではないかと思います。

そこでバイクの駐車スペースとしてバイク用のコンテナを設置して土地活用する方法があります。地域によっては需要がありますし、近隣の賃貸オーナーと提携しても良いかもしれません。

また現在月極駐車場として土地活用している方で空きが数台分あるなど、埋まっていない状態が続いている方などはバイクの駐車スペースの需要があるかを調べてみて、設置してみるのも良いかもしれません。

駐車場もそうですが、バイクコンテナも少ない初期投資でできる土地活用です。

収納スペースとして利用

ご存知の方も多い、トランクルームとしての活用方法です。都市部の住宅は面積が狭く収納も少なくなりがちです。アイデアで収納スペースを多く取れている物件もありますが、基本的には少ないのが現状かと思います。そうなると物が少ない方はあまり問題ありませんが、物が多い人にとっては収納しきれない問題に直面します。そんな時にトランクルームがあると本当に便利ですよね。

もちろんトランクルームとしての利用が一番のメリットですが、ビジネスとしてコンテナ事業をする際に気になるのが立地の問題かと思います。基本的には収納できない物をトランクルームに持っていく方がターゲットですので、荷物を持っていく手段がある方となり、車を持っていたり、友人や親などすぐに借りられる環境が整っている方となります。その為、多少行きづらい場所(駅から遠いなど)でも事業として成立つ可能性があります。。

そういった意味では繁華街でないと意味が無い、駅から近くないと厳しいなど、条件にあまり左右されないのがトランクルームの良さです。

コンテナ以外にも土地活用の方法はあるので、詳しくは→「土地活用 比較」で確認してみてください。活用方法から相談先まで紹介しています。

コンテナ設置は違法と聞いたんだけど...本当?

コンテナ事業は上で紹介したような活用方法であったり、狭い土地でも利用できるなどメリットあります。また、少ない投資で始められるので低リスクで始められるビジネスでもあるのですが、コンテナ設置は違法と言う話もあります。これは、単にブロックの上にコンテナを設置している場合は建築基準法に違反していると考えてください。建築物という判断となった場合、基礎などが必要になりますし、建築確認を受けないと建築基準法違反になってしまいます。しっかりと見極める必要がります。

コンテナも土地活用の方法の一つだと思いますので、初期投資費用を抑える為にコンテナを置くだけのような活用方法は、違法になりますし、後々トラブルになる結果を招く可能性が高いので止めておきましょう。

参考:コンテナBOXで土地活用 コンテナBOX事業ってどうよ?